散歩 - タイ

NAHM

人生初のタイに行ってきました!シリーズもなかなか終えられないのですが、今回の旅の目的のひとつが世界のファインダイニングを経験すること。ということで、サンペレグリノとアクアパンナ(ともにミネラルウォーターのブランド)がスポンサーのTHE WORLD’S 50 BEST RESTAURANTS 2017で、ランキング7位のGAGGAN(アジアベスト50では1位)と28位のNAHM(アジアベスト50では5位)の予約を取って行ってきました。

今回は、そのNAHMへのお散歩レポートです。

NHAMは、オーセンティックなスタイルのタイ料理店。ローカルなソウルフードではなく、タイ料理の手法を踏襲しつつも素材を吟味したワンランク上のタイ料理を提供していて、ひとつひとつのお皿が洗練されています。

NHAMは、ラグジュアリーリゾートホテルグループのCOMOに属するホテル、COMO METROPOLITAN BANGKOK内にあり、このホテルのメインダイニングとなっています。今回は、食事後もゆっくりしたいというのもあって、宿泊もこのCOMO METROPOLITAN BANGKOKにしました。

テーブルの花

おまかせコースもあったのですが、英語のメニューも用意されていたため、自分たちで食べたい素材が含まれたメニューを食べようと、アラカルトで注文することに。基本タイ料理ということもあって、辛い料理が多いので、向き不向きがあるかもしれませんが、私たちは辛いものもOKということで、気になるメニューをガンガンと頼んでいきました。

小さな冷たい前菜2種
サラダ
タイカレー
メインの魚料理
トムヤムクン含むスープ2種

を2名で頼みましたが、結果的にはお腹パンパン。基本的にはシェアして食べるスタイルのようで、もう前菜かスープを併せて2品ほど少なくても十分な量だったと思います。

冷たい前菜

揚げ春巻き的な前菜

気になるお味ですが、初のタイ、初のバンコクでの最初の夕食だったこともあって、比較対象するものが無い状態でしたが、個人的には大満足なお味。しっかりとタイ料理のスタイルを踏襲しながらも、使われている素材の質の良さが感じられ、洗練された美味しさ。

魚のフライ

つけダレ?

この後、様々な場所でタイ料理をいただきましたが、ここまで素材感や質感が良質なタイ料理はありませんでした(まあお値段が何倍もしているので当然ですが)。何よりスープやお料理のソースに不自然感やケミカル感があまりなく、これが街場のタイ料理との決定的な違いです。その他のお店だと、全体的にのっぺりと甘く、旨味があっても鈍重で単純な感じのものが多かったので、さすがはファインダイニングといったところでしょうか。

トムヤムクン

NAHMのお料理の数々

もっとも、帰国後にタイ通の方とお話する機会があったのですが、ここの料理は「キレイすぎる」と言って、タイ料理らしくないという評価も…

そして、食事と同様に(場合によってはそれ以上に)重要な飲み物ですが、分厚いワインリストをもらったものの、飲みたいワインが見つからない… そんな中に、唯一好みのベクトルのワインが見つかったので、砂漠のオアシスのような感覚でオーダーしました。

Jean Foillard Morgon Cote du Py 2014
Jean Foillard Morgon Cote du Py 2014

ワインに関しては、全体的にかなり高めの価格設定で、アジアベスト5のレストランに来ているという自己暗示なくしては、躊躇するお値段でした。

ただ、選んだワインとかなりホット(辛い)なスマートタイ料理の数々との相性は、なかなか良かったです。

Nahm
27 S Sathorn Rd, Khwaeng Thung Maha Mek, Khet Sathon, Krung Thep Maha Nakhon 10120 Thailand
tel:+66 2 625 3333

LIFEHACK

Photo by freestocks.org on Unsplas

iPhoneの巨大化にともない、カバンから取り出さなくても完結するシステムをApple WatchやAirPodsなどApple全体のエコシステムで目指しているのでは?という仮説のもと、お手頃価格のワイヤレスイヤホンに手を出したのが、前回。

iPhone生活に最適なワイヤレス イヤホンを求めて- 失敗編 –

しかしながら、

  • フィット感がイマイチ&重すぎる
  • そもそもカナル型イヤホンが苦手かも

という理由から、最初の購入は失敗と言わざるをえない結果でした。そして引き続きネットの海をさまよっていたところAmazonで見つけたのが、下記リンクのWingmargという(おそらく中華系メーカー)のもの。

前回の反省を踏まえて、今回の購入にあたって気をつけたポイントは、

  • レシーバー部分はイヤホンとは別(耳にかかる部分は軽く)
  • インナーイヤー(開放)型であること

です。

ところが、インナーイヤー型のBluetooth(ワイヤレス)イヤホン自体がほぼ選択肢が無く、数少ない候補のなかで見つけたのが今回のイヤホンでした。

実際購入してみて良かった点は、

  • インナーイヤー型の開放感
  • 同時に2台のiPhone(私用と仕事用)とペアリング可能
  • Bluetoothマイクでの通話が便利

カナル型の密閉感が苦手だった私には、インナーイヤー型のフィット感が心地良くて大満足。耳に固定するフックによって軽い運動中でもずれることはありませんし、重さも問題なし。左右のイヤホンがマグネットでくっつくので、首にかけて動き回ることもできます。

私用と仕事用にiPhoneを2台持っているのですが、双方にペアリングできて、私用のiPhoneでSpotifyを聴いている時に仕事の電話がかかってきてもスムーズに受電できます。

Bluetoothのマイクも通話には便利で、両手が使えるハンズフリーでの通話は、徒歩での移動中もオフィスでのパソコン仕事中でも快適です。そもそも重いiPhone 7 Plusを耳元まで持ってくるという行為から開放されるだけでも清々しい気分でした。

ということで今回のイヤホン購入は概ね満足なのですが、一応デメリットを挙げておくと

  • ペアリングしているiPhoneのバッテリーの減りが早い
  • ワンサイズなので人によってはフィット感が合わない
  • 着信があった時、思わずiPhone本体で通話しようとしてしまう
  • たまにノイズがのってくる

といったあたり。サイズの話は実際に、便利なので妻用にと買い足したところ「大きすぎて耳が痛い」と家庭内返品されてしまいました(笑)

とはいえ、お値段的にもAirPodsの1/5ほどですし、個人的には大満足な買い物でした。ちなみにAmazonでは、外観も価格もほぼ同じの別ブランドAIKAQIのワイヤレス イヤホンもありました。これ…どっちかがパクっているのか、どっちもが他からパクっているのか…