散歩 - タイ

GAGGAN
GAGGAN

人生初のタイに行ってきました!シリーズもかなり間延びしてしまっているのですが、今回の旅の目的のひとつが世界のファインダイニングを経験すること。ということで、サンペレグリノとアクアパンナ(ともにミネラルウォーターのブランド)がスポンサーのTHE WORLD’S 50 BEST RESTAURANTS 2017で、ランキング7位のGAGGAN(アジアベスト50では1位)と28位のNAHM(アジアベスト50では5位)の予約を取って行ってきました。

ということで、アジア No.1 レストランに君臨し続けるGAGGANにお散歩です。

まず結論から…

GAGGANをオススメできる方

こちらのレストランはどんな方にオススメできるかと言うと、食事を通じてのエンターテイメントを楽しめる方!25皿もの多種多様で個性的な料理をはじめ、そのプレゼンテーションやパフォーマンスにいたるまで、レストランというよりもショーを見に来ているような気分にさせてくれます。

来客を驚かせ、楽しませようとする工夫が随所にちりばめられ、予定調和は一切ありません。お料理の数々も既存の枠組みにとらわれていない挑戦的なものばかり。

GAGGANをあまりオススメできない方

一方でこちらのレストランをあまりオススメできない方というと…

  • 温かい料理が好み
  • 素材の味わいをいかした料理が好み
  • 技巧的な料理は苦手
  • 一皿ごとの量はある程度大きいほうが好み
  • お酒との相性重視
  • ゆっくりと食事と会話に集中して楽しみたい

といった方にはオススメできません。

食やレストランというものの評価は、そもそも主観的なもので相性があるので、あくまで個人的な評価ですが、私自身もどちらかといえば後者のタイプで

  • 質の良い素材を使ったシンプルな料理が好み
  • 技巧的な料理は苦手
  • 皿数の多さよりも一皿ごとの満足感重視(質・量ともに)
  • お酒(特にワイン)との相性は重要

なので、外観や一口食べての味わいから素材が良くわからない調理法や量の料理は好みではないのです。

今回のGAGGANに関しては、そういう意味合いでは個人の好みのベクトルとはまったく逆のスタイルでしたので、お店に否があるわけではなく、わたくし個人とのマッチングの問題だと思います。

事実、偶然お隣に居合わせた日本人とおぼしきお客様は、激賞しておられたので。

GAGGANでのディナースタート

ということで、まずは大事なワイン選び。

Wine List Champagne 01
Wine List Champagne 02

リストを眺めたところシャンパーニュには、ジョルジュ ラヴァル、エグリ ウーリエ、アグラパールなどがあり、さらにはユリス コラン、ヴェット エ ソルヴェ、ジャック セロスとなかなかのセレクション(お高いですが…)。

その中にシャンパーニュで最も好きな造り手であるジェローム プレヴォーを発見!

白ワインや赤ワインからはめぼしいワインを見つけられなかったので、清水の舞台から飛び降りた気分でこれにしました。

Jérôme Prévost La Closerie Les Beguines LC07

ちなみに、白・赤ワインのリストには、パット ルー、ファニー サーブル、ジャン フォワヤール、マルセル ラピエールなども。

Wine List Burgundy

案内された席は、コの字型に展開されるシェフズテーブルのようなカウンター席。料理のプレゼンテーションが目の前で見れます。

コの字のカウンターでシェフズテーブルのような席

今回のコースは、総勢25皿。全てを網羅できませんが、いくつかご紹介していきます。

鮨屋のオマージュ?岩塩をお皿に
とぅるん
新次元のカレー
ソムリエさんも自信たっぷりのサービス

点心?
お皿がかっこいい
雲丹?
日本から取り寄せたトロらしいです
見た目はお鮨ですが、シャリでなくパフっとした何か
茶器に
抹茶を点てるように
冷たいスープでびっくり

休暇とポップアップイベントなどで日本に行った後とのことで、日本料理からインスピレーションを得た皿が多かったのですが、「日本人の方に出すのは気が引けるんですけど…」と言われただけあって、まあ、斬新と言うべきか奇抜と言うべきか…

ということで、まだまだ続きます。

豚カツのオマージュ?

ソーセージ?
キノコ
まるで舞台を見ているような感じ
見せて楽しませるエンターテイメント性は豊富
朴葉焼き的な?
朴葉焼き的な中身
真っ黒
たこせんみたいな?
本の中には…
本を開くと…
すごいビジュアルのアイスクリーム
金箔に日本の影響を感じます
左が食前、右が食後に渡されるメニュー

長らくお付き合いありがとうございました。

Gaggan
68/1 Soi Langsuan Ploenchit Road Lumpini Bangkok 10330
Thailand
tel:+66 2 652 1700

散歩 - タイ

NAHM

人生初のタイに行ってきました!シリーズもなかなか終えられないのですが、今回の旅の目的のひとつが世界のファインダイニングを経験すること。ということで、サンペレグリノとアクアパンナ(ともにミネラルウォーターのブランド)がスポンサーのTHE WORLD’S 50 BEST RESTAURANTS 2017で、ランキング7位のGAGGAN(アジアベスト50では1位)と28位のNAHM(アジアベスト50では5位)の予約を取って行ってきました。

今回は、そのNAHMへのお散歩レポートです。

NHAMは、オーセンティックなスタイルのタイ料理店。ローカルなソウルフードではなく、タイ料理の手法を踏襲しつつも素材を吟味したワンランク上のタイ料理を提供していて、ひとつひとつのお皿が洗練されています。

NHAMは、ラグジュアリーリゾートホテルグループのCOMOに属するホテル、COMO METROPOLITAN BANGKOK内にあり、このホテルのメインダイニングとなっています。今回は、食事後もゆっくりしたいというのもあって、宿泊もこのCOMO METROPOLITAN BANGKOKにしました。

テーブルの花

おまかせコースもあったのですが、英語のメニューも用意されていたため、自分たちで食べたい素材が含まれたメニューを食べようと、アラカルトで注文することに。基本タイ料理ということもあって、辛い料理が多いので、向き不向きがあるかもしれませんが、私たちは辛いものもOKということで、気になるメニューをガンガンと頼んでいきました。

小さな冷たい前菜2種
サラダ
タイカレー
メインの魚料理
トムヤムクン含むスープ2種

を2名で頼みましたが、結果的にはお腹パンパン。基本的にはシェアして食べるスタイルのようで、もう前菜かスープを併せて2品ほど少なくても十分な量だったと思います。

冷たい前菜

揚げ春巻き的な前菜

気になるお味ですが、初のタイ、初のバンコクでの最初の夕食だったこともあって、比較対象するものが無い状態でしたが、個人的には大満足なお味。しっかりとタイ料理のスタイルを踏襲しながらも、使われている素材の質の良さが感じられ、洗練された美味しさ。

魚のフライ

つけダレ?

この後、様々な場所でタイ料理をいただきましたが、ここまで素材感や質感が良質なタイ料理はありませんでした(まあお値段が何倍もしているので当然ですが)。何よりスープやお料理のソースに不自然感やケミカル感があまりなく、これが街場のタイ料理との決定的な違いです。その他のお店だと、全体的にのっぺりと甘く、旨味があっても鈍重で単純な感じのものが多かったので、さすがはファインダイニングといったところでしょうか。

トムヤムクン

NAHMのお料理の数々

もっとも、帰国後にタイ通の方とお話する機会があったのですが、ここの料理は「キレイすぎる」と言って、タイ料理らしくないという評価も…

そして、食事と同様に(場合によってはそれ以上に)重要な飲み物ですが、分厚いワインリストをもらったものの、飲みたいワインが見つからない… そんな中に、唯一好みのベクトルのワインが見つかったので、砂漠のオアシスのような感覚でオーダーしました。

Jean Foillard Morgon Cote du Py 2014
Jean Foillard Morgon Cote du Py 2014

ワインに関しては、全体的にかなり高めの価格設定で、アジアベスト5のレストランに来ているという自己暗示なくしては、躊躇するお値段でした。

ただ、選んだワインとかなりホット(辛い)なスマートタイ料理の数々との相性は、なかなか良かったです。

Nahm
27 S Sathorn Rd, Khwaeng Thung Maha Mek, Khet Sathon, Krung Thep Maha Nakhon 10120 Thailand
tel:+66 2 625 3333